有力ソーシャルメディアを
俯瞰するグラフ

(2013.07.11)

世界の有力ソーシャルメディア・サービスの特徴を示すグラフを、人気ブロガでもあるJeff Bullas氏がまとめてくれていたので、載せておく。

まず、グローバル市場での普及率。

次は、デモグラフィック・データの比較。アクティブユーザーでは、意外なほど男性比率が高い。

エンゲージメントの比較は次の通り。先月のアクティブユーザー数では、Facebookが7億100万人、Google+ が3億5900万人、Twitterが2億9600万人となっている。Google+ の先月の訪問者数が驚くほど高いのは、Google+ プラットフォームの利用ではなくて、G+レイヤー(eg Gmail etc)の利用も計数しているため。わたしもどこかのボタンを押してしまって、知らないうちに登録されていたので、Gmailを使うたびにアクティブユーザーと見られていたようだ。

そのアクティブユーザー比率は次の通り。

(2013年07月04日)

参考
・5Insights into the Latest Social Media Facts, Figures and Statistics(Jeffbullas’s Blog)

関連記事
•アクティブユーザー数が急激に増え続けているツイッター[2013-01-30]
•人気沸騰のフェイスブック対応ソーシャル・ビデオ・アプリ[2012-05-04]
•ソーシャルネットワークのデモグラフィックデータ[2012-08-24]
•ファイスブックが新興国で急成長、イスラム国家は男性が中心だが南米諸国は女性が多い[2012-03-14]
•ソーシャルゲーム業界の集会,ネット事業に新たな大波到来と盛り上がる [2009-06-27]
•Facebookページ、ファン数よりファン・エンゲージメントが重要[2011-04-17]
•不況と新型インフルを追い風に急拡大するソーシャルゲーム市場[2009-05-24]
•意外なソーシャルメディア接触,アジア人が欧米人よりも能動的に参加[2008-04-28]
•人気のサービスや装置、普及ペースがますます高速化[2012-07-30]
•米系サイト不在で急成長の中国SNS、一方で米国上場が活発に[2011-04-24]

メディア・パブ