『アンアン』最新号に登場のピラティスサロン『オプティミスタ』。「肋骨引き締め呼吸」でくびれに=挑戦!

(2010.05.26)

青山一丁目駅を地上に上がりすぐの場所にあるピラティスサロン『Optimista(オプティミスタ)』。本日発売の『anan』1710号「こんどこそくびれを手に入れる」特集 P.32〜で、『Optimista』の「肋骨引き締め呼吸」が紹介されています。このたびは私がなんと……

アラ40を過ぎて、アラ50の私が『Optimista』の「肋骨締め上げ呼吸」でコアの筋肉を鍛えて1か月で、ウエストサイズ、マイナス3cm! という「くびれMethod」に挑戦しました。 

 
最初に…… 2010年4月17日~5月22日 までの成果を発表致します!

◆体重:−4.2 kg
◆体脂肪:−7.7 %
◆ウエスト:−8.3 ㎝

 
パチパチ!! 拍手モノだと思いませんか? ナント! まだ始めて、1ヶ月と5日です。
しかも……「食事は、キチンと摂ってください。」という教えの元でしたので、食べないでダイエットをした訳ではございません。ただし、揚げ物や、高カロリーのモノはあまり食べないように気をつけました。

『anan』の「くびれMethod 2」は、1ヶ月でウエストマイナス3㎝ですが、それは、あまり脂肪が無い方も入れての平均です。私のようにこの1年で8㎏強も増量、脂肪が多くなってしまった人は……ということで、2倍以上もウエストがマイナスとなりました(ニヤッ!)

ではでは……
どのような「くびれMethod」を行ったかと申しますと……
「痩せたい人は、インナーマッスルを鍛えないと痩せない」
という、教えの元に……このお二人の、鬼ではない(!?) 優しい教官に教えて頂き毎日毎日~頑張っております。
 

美貌と筋肉の持ち主『Optimista』オーナー石井泉さん
いつも爽やかな笑顔の“マッソー(筋肉)”イディー先生

もう一度言いますが……鬼ではないですよ(笑)

 
『anan』でも紹介されている『Optimista』の「肋骨引き締め呼吸」は、毎日の呼吸を変えることで胸下から腹部までの骨格を引き締め、フラットで細いウエストにチェンジ。さらに歪んだ骨盤を矯正することで、新鮮な酸素を全身に送れるようになり、痩せやすい体に早変わりする!  というもの。『Optimista』』オーナーである石井泉さん自身も、22kg痩せた脅威の呼吸法です。

「いくら運動をしてもお腹が痩せない”という人は、呼吸を変えないとダメ! ストレスフルな毎日のなかで、呼吸はどんどん浅くなっていきます。息をしっかりと吐ききらないままだと、肋骨が開きっぱなしの状態に。
すると……(中略)

妊娠出産を通して22kgも太ってしまった石井さん。あらゆるダイエット法に挑戦したが、体重は戻っても体のラインは元に戻らなかったそう。スタイルが良い人を観察した結果、横からみたアンダーバストからオヘソまでがすぼまっていて、厚みが感じられないことを発見。その経験から、呼吸により肋骨から腹部を締め上げる独自のメソッドを提案しています。(続きは、本日発売の『anan』を見てね!)

ここは……??? 星飛馬の腕の筋肉改造マシーンかと思ったピラティスレッスンの部屋です。

ピラティス初心者の私は、毎週土曜日に1回、または……21時まで予約が出来ますので、平日の会社帰りに行くというペースで、基本的には週に1回通っています。

「このマシンで何をするのだろう?」とドキドキ!! しましたが「渡邉さんにはまずはマットの方がコアの意識がして頂きやすいため、専用マットの上で行いましょう」と爽やかな笑顔で言われ……私は、「ウンショ! ウンショ!」と重たいカラダを腹式呼吸しながら持ち上げています。

私の画像では、何をやっているのかわからないと思います(笑)ので、先生たちの画像を……

写真で見る限りでは、涼しげな顔で写っていますが……実際に同じエクササイズをやってみると、いろんな部位がピクピク&ブルブルしているのです。

『オプティミスタ』のスタジオで教えてもらったエクササイズは、自宅でも行っています。(朝起きて行うと頭がスッキリ!しますよ♪)所要時間は、10分足らずでOK。それだけでも「毎日続けることが大切です」と言われます。

※自宅で行えるピラティスも『anan』に満載されています。

 

矢野あやこ先生の「ゴッドハンド」がすごい!

肋骨は、肺や肝臓など胸の周りの内臓を取り囲んで守っている骨。両側に12本ずつ計24本の骨で出来ている。腹横筋を使うことで開閉し、しっかりと締めればくびれのあるウエストがよみがえる! 

腹横筋は、肋骨下部から恥骨までの腹部全体を筒型に包むコルセット状の筋肉。お腹全体を引き締める役割があるウエスト痩せの立役者! 腹直筋や腹斜筋などの腹筋群の深部にある。 


ダイエットをしても落ちて行くのはバストばかり、というのは良く聞く話だが……。

「胸の脂肪が落ちやすいのは、柔らかいためで、柔らかい肉から落ちるのがダイエットの鉄則。
つまり硬くてサイズダウンしにくいお腹の脂肪も、揉みほぐせば落ちやすくなるというわけ。そこで、体脂肪を温めてくれるバスタイムでマッサージしましょう。但し湯船で行うのは、筋肉疲労を起こすのでNG。
洗い場で行って。お湯に浸かって体を温め、洗い場でマッサージ。最低2セット繰り返しましょう。
入浴後は、腹巻きなどでお腹を冷やさないのも大切。また、吸収力が増すのでお菓子など太りやすいものは厳禁ですよ」(矢野あやこさん)

ハイ! ここでご登場!!

こんなに華奢で穏やかな風貌からは想像がつかない位の“ばか”チカラが……
恐怖の「セルライトルーム」ゴリゴリやられます!

今回の貢献人の矢野あやこ先生です。実は、この先生の「ゴットハンド」がスゴイ!!!
人のカラダを触っただけで、その人がどういう体質なのかわかってします。因みに……私は酒太りでした(笑)
 

 
4月17日撮影「ビフォアー」   5月22日撮影「アフター」

お食事中にご覧頂いた方……本当に申し訳ございません。ビフォアー&アフターを出すかどうか迷ったのですがやはり、成果を見て頂くには見て頂いた方がと考え、思い切って写真をアップしてみました。

ダイエット開始前の写真は脂肪がたっぷり付いているのはもちろんの事。それにプラスして姿勢の悪さがこの写真だけでもわかります。まだまだ……脂肪も体脂肪もたっぷり付いていますので、これからもダイエットは続けて行きます。次は……1ヶ月後にご報告致します。(断言してしまった以上頑張らなくては!!!)

 

Optimista(オプティミスタ)

Tel. 03-5414-1653
東京都港区南青山2-2-15ウィン青山ビル1F
ボディケア&パーソナルレッスン(ビューティープラス)※完全予約制
10:00~22:00(最終予約21:00)
http://www.optimista.co.jp/