菊田純子の“ナチュリッチ” 疲れた脳の休息日

(2008.08.19)
おはようございます。ただいま朝の6時8分。嵐のような入稿ラッシュが一瞬静けさを見せています(笑)今日はゆっくり寝ていようと思ったけれど、滞っていた作業を思い出し、目が覚めました。

そんなわけで先週はひたすら原稿、原稿の毎日でしたが、週末の土曜日はパソコンをそっと閉じて海へ遊びに行ってきちゃいました。目指すは湘南の腰越海岸。知り合いが主宰する海の家、「KULA」

江の電に乗って腰越駅で下車。昼前なのに駅前の生しらす丼の人気店「しらすや」の前には行列が、ビーチには夏のニュースで見るような人の大群が。ギラギラと照りつける太陽、ムンムンとした夏の風、うーん、これぞニッポンの夏休み! 

とりあえずノドを潤しに、海の前にあったイタリアン「PICCOLO BOSCO」へ。何の気なしに入った店でしたが、頼んだアイスコーヒーが美味しくてびっくり。細かな氷にillyの豆で作ったエスプレッソを注いだ本格的なもので思わずにっこり。つまみに頼んだモッツァレラチーズのブルスケッタ〜サザエ肝焦がしバターソース〜、サザエのつぼ焼きもまた絶品。

その後、すぐ海辺へ。でも今回は泳がず、砂浜を散歩したり、棒倒しで盛り上がったり(砂山に棒を立てて、ひとりずつ棒を倒さないように砂山を崩していく懐かしの遊び)、「KULA」でハイネケンやウィルキンソンのジンジャーエールを飲みながらのんびり過ごしました。この日、都内では一時的にどしゃぶりの雨が降ったそうですね? でも湘南は一日中カンカン照りの晴天でした。空にはまっ白な入道雲があったくらい。イェイ♪

最近読んだ脳についての本にこうありました。
“一日中パソコンに向かう仕事は思考を弱める”“
“外に出掛けることで脳は活性される”
“アイディアは変化のある生活から生まれる“
“脳の回転数を上げるには時間にメリハリを”
つまり、パソコンの前に長時間座って仕事をしていれば効率が下がるし、脳もぼんやりしてくる。アイディアも生まれなくなってくるらしい。

そう、この週末も仕事は山積みでしたが、海での時間は脳を活性化させて仕事の効率を上げるのに必要だったのです。土曜日の夜、日曜日の原稿書きがはかどったのは言うまでもありません! 

column_080819_3_ph1

腰越海岸のビーチ。向こうに見えるのが江の島。この後、どんどん人が増えてきた。

江の電「腰越」駅前。のどかな空気が流れている。右斜め前方が「しらすや」。

海の家「KULA」。’06年の「KULA」は利用料1人1万1000円、1日限定40人、とエブゼクティブ対象だったけれど、今年は我ら庶民の味方。利用料はたったの1500円!

この日は、エビデンス食品のサプリメント「ビューティーサルファMSN」の告知イベントを開催していた。ネットではまだ見ることができないけれど新パッケージは品があって素敵♥